独身が多くなり、今後が不安について

上記のグラフのように、独身者数が結婚率も低いので増えています。その独身の人が今後は高齢者になった時には、単身者での高齢者が増えることは今の段階でも見えていることです。この人達がのちに介護を必要となる時代はそう遠くない未来に訪れます。この問題は、誰しもが思うことだと思うことだと思います。この問題は今現状で介護保険のいくすえさえ不安が多い中、このまま独身者はひとり暮らしを高齢になると今のまま一人暮らしを継続することが介護を必要となればかなり難しいことになる。介護を必要とする人の面倒を見る側の数も足りないこともあり、どのようにしてこの問題は解決いい方法なのか?と最近とても私の中では大きな問題です。人と人との関わりが段々薄れてきている、まして都内では一人暮らしの高齢者も増加しています。

その独身ひとり暮らしの人が介護を必要とする時にはそれを介護する人の数が圧倒的に足りないのだから、その少ない人に面倒を見てもらうためにも独身ひとり暮らしだけを共有で暮らせるような住居を施設に入居できない所得の低い層の為の住居は必要だと思う。少ない介護者から面倒を見てもらう負担軽減のためにはどうすことがいい方法なのか?そういう人達が集まる住居が低料金であればいいと思うけれども、独身が長い人達が共同住宅生活は中々価値観の違う暮らしを長くしてきた高齢者がすぐにでも対応できないんだろうし。ひとり暮らしは干渉もなく快適ですが、歳を重ねることの不安も募るばかりである。この問題は難しい問題で解決策はあるのだろうかということに、不安を感じてます。独身が多いということは子供の数も少ないのだから近い将来、独身者に限らず誰しもこの問題に直面することになるのでしょうね。

http://www.garbagenews.net/archives/2013777.html